一般社団法人 | 定款作成


一般社団法人の定款作成 ご相談くださいませ


当事務所では、一般社団法人の定款作成及び各種手続きを代理 代行するお得なトータルサービスを行っております。専門の行政書士にご相談くださいませ。

お客様の今後の事業展開等を検討し、一番いい形の定款をお作りさせて頂きます。

 

  • 定款作成、各種必要書類等の作成等お任せくださいませ
  • 可能な限り、お客様のご負担を少なくできるように心がけております
  • 内容充実サービス + 業界最安値帯の価格 料金
  • 公証役場 (公証センター) での定款認証も代理で行い、お客様のご負担なし

 

>>一般社団法人 | 定款認証

 


一般社団法人の定款について


一般社団法人の定款には、少なくとも、次の事項を記載しなければなりません。

  • 目的
  • 名称
  • 主たる事務所の所在地
  • 設立時社員の氏名又は名称及び住所
  • 社員の資格の得喪に関する規定
  • 公告方法
  • 事業年度
  • 監事、理事会又は会計監査人を置く場合、その旨の定め

 

 

一般社団法人の定款に記載しても効力を有しないこととされている事項

  • 一般社団法人の社員に剰余金又は残余財産の分配を受ける権利を与える旨の定款の定め
  • 法の規定により社員総会の決議を必要とする事項について、理事、理事会その他の社員総会以外の機関が決定することができることを内容とする定款の定め
  • 社員総会において決議をする事項の全部につき社員が議決権を行使することができない旨の定款の定め
  • その他 強行法規や公序良俗に反する定め(ケースによります。)

 


一般社団法人の機関について


  • 一般社団法人の社員は設立にあたり、2人以上必要です。社員とは、いわゆる従業員という意味ではなく、会員やメンバーといったイメージです。
  • 一般社団法人の社員には、法人もなることができます。
  • 一般社団法人には、社員総会のほか、業務執行機関としての理事を少なくとも1人は置かなければなりません。また、それ以外の機関として、定款の定めによって、理事会、監事又は会計監査人を置くことができます。理事会を設置する場合と会計監査人を設置する場合には、監事を置かなければなりません。

 

一般社団法人の機関設計は次の(1)から(5)までのパターンがあります。

  • (1) 社員総会+理事
  • (2) 社員総会+理事+監事
  • (3) 社員総会+理事+監事+会計監査人
  • (4) 社員総会+理事+理事会+監事
  • (5) 社員総会+理事+理事会+監事+会計監査人

 


一般社団法人に関する書式 記載例等のご案内


一般社団法人定款記載例

(↑日本公証人連合会HPへのリンクです)

 

理事会及び監事を設置しない一般社団法人の設立登記申請書

申請書様式 Word PDF

記載例(PDF)

 

理事会及び監事を設置する一般社団法人の設立登記申請書

申請書様式 Word PDF

記載例(PDF)

(↑法務省HPへのリンクです)

 

一般社団法人及び一般財団法人制度Q&A

(↑法務省HPへのリンクです)

 

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律のパンフレットはこちら[PDF]

 


運営 : 行政書士 総合法務オフィスKOMODA


手続のご依頼・御見積り・お問い合わせなど、お気軽にどうぞ
一般社団法人の設立等、お気軽にお問い合わせくださいませ。
全国対応 : 直通TEL. フリーダイヤル 0120-33-1160
>>お問い合わせ | ご依頼方法

お気軽にお問い合わせください